「只見」のユネスコエコパーク登録決定に国定三条市長は只見町を祝福、八十里越とエコパークを組み合わせた取り組みを検討 (2014.6.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

12日に福島県の奥会津「只見」がユネスコエコパーク登録が決まったことについて、只見町と県境で接する三条市の国定勇人市長は、只見町を祝福し、三条市と只見町をつなぐ八十里越とエコパークを組み合わせた取り組みを只見町と考えたいとしている。

13日行われた記者会見で国定市長は、登録に至るまで構想段階から4、5年かかり、その間に2011年の7.29水害で只見町も大きな被害を受けたなか、「只見町さんにとっては本当に悲願のエコパーク認定。心からおめでとうと申し上げたい」と祝福した。

12日、国定市長は三条市から八十里越から県境を越えて只見町まで踏破した。そこで三条側にも、「エコパーク認定を受けた柱の一つであるブナの植生が下田のほうにも展開」しているのを確認し、「ぜひとも只見さんと一緒になって1つのうりに」と期待した。

ただ、八十里越の踏破には11時間半かかり、誰にでも勧められないが、「あの見事なブナ林を見ていただきながら適度なコースをつくれないかと、きのう只見の町長さんと話していたところ」で、「エコパークと八十里越を組み合わせるような形で市外、町外からの関心を得られないか」と、目黒町長とも話した。

また、自身が八十里越を踏破した日にエコパーク登録が決まったことに、「隣接市にある三条市としてもうれしく思っていますし、ちょうどゴールをしたときにも、只見町の目黒町長さんがお迎えに来ていただき、夜もご一緒させていいただきました。直接、お祝いを申し述べることができた」とも話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com