「信用金庫の日」にあわせた社会貢献事業で三条信用金庫職員約295人が地域のカーブミラー清掃やごみ拾い (2014.6.17)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

6月15日の「信用金庫の日」にあわせた社会貢献事業の一環として三条信用金庫は13日、職員約295人が参加して地域のカーブミラー清掃やごみ拾いを行った。

「信用金庫の日」の社会貢献事業の一環で地域のカーブミラー清掃やごみ拾いを行う三条信用金庫職員
「信用金庫の日」の社会貢献事業の一環で地域のカーブミラー清掃やごみ拾いを行う三条信用金庫職員

最も参加人数の多い本店と本部では合わせて50人が参加。就業時間が終わった午後5時半から、本店周辺の通学路を中心にしたごみ拾いを行う清掃班と、カーブミラーの清掃を行う数班に分かれて本店を出発し、それぞれが担当区域を清掃した。

当日は時々、小雨が降る梅雨寒で、カーブミラーの清掃は、4,5人が1班となって、脚立、モップ、バケツ、雑巾などを手に次々と清掃した。背の高い場所に設置されたカーブミラーは脚立を立て、その上から鏡面をモップでふいた。帰宅時間で車の通行もある小路では、通行車両に注意を配る人、脚立を支える人、清掃する人と、チームプレーで効率よく仕上げた。

三条市厚生福祉会館前の歩道でごみ拾い
三条市厚生福祉会館前の歩道でごみ拾い

ごみ拾いの清掃班は、トングとビニール袋を手に歩き、30分ほどで紙ごみやペットボトルなど80リットルのゴミ袋1袋分が集まった。

「信用金庫の日」は、昭和26年6月15日に信用金庫法が施行されたのにちなんで制定され、全国の信用金庫で、この日にあわせて感謝デーや募金など地域貢献事業を行っている。

三条信用金庫は、昭和49年から40年近くほぼ毎年、三条市などにカーブミラーを寄付していることもあり、平成11年から職員会を中心に各店舗周辺の通学路を中心にカーブミラーの清掃などを行っている。ほかにも5月に新潟県信用金庫協会が取りまとめて県社会福祉協議会に寄付をした募金活動や献血も行っている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com