燕市英語スピーチコンテストに市内小中学生19人が参加、最優秀賞1人と優秀賞7人が決まり、親善大使候補者に (2014.6.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市内に住む小学校5年生から中学校3年生を対象に燕市英語スピーチコンテストが22日、燕市文化会館で開かれ、19人が参加して最優秀賞1人と優秀賞7人が決まった。成績優秀者のうち希望する児童生徒は、8月にオーストラリア・ブリスベンへ派遣する「Jack & Bettyプロジェクト海外派遣事業」の親善大使候補者とする。

燕市英語スピーチコンテストの表彰式
燕市英語スピーチコンテストの表彰式

5月に行った一次予選を通過した19人が参加し、男子は1人だけ。「私の未来と燕市」をテーマにそれぞれがつくった英語のスピーチを順に発表し、本間伸輔准教授が審査委員長、山崎悦次燕市国際交流協会会長、2人のALTを審査員を務めた。

表彰式では上原洋一教育長から最優秀賞と優秀賞、そのほかにも参加賞を贈った。最優秀賞に選ばれたのは燕中等教育学校3年内山愛里さん(14)=燕市東太田=で、タイトルは「The charms of Tsubame Festival」。燕市の夏まつりの魅力を紹介し、自身も夏まつりの規模を大きくして外国人をたくさん招きたいと結んだ。

最優秀賞に輝いた燕中等教育学校3年内山さん
最優秀賞に輝いた燕中等教育学校3年内山さん

最優秀賞を受けたことについて内山さんは「うれしいです。まさか自分が…」と戸惑いながらも笑顔で喜んだ。

燕市は昨年度から英語教育を推進する「Jack & Betty プロジェクト」に取り組んでいる。燕市英語スピーチコンテストは、その一環の「Jack & Bettyプロジェクト海外派遣事業」で海外へ派遣する親善大使の選考を兼ねており、今年度は12人を派遣。受賞者は親善大使候補者となる。

昨年度は優秀賞は中学生だけだったが、今年度は2人が小学生だった。優秀賞7人と最優秀賞の内山さんのスピーチの内容は次の通り。敬称略。

【優秀賞】

  • 高井優香(燕中等3年)
  • 袖山彩(小池中1年)
  • 田辺由佳(新潟第一中3年)
  • 箱田有咲(分水小6年)
  • 永井匠(燕北中2年)
  • 細貝茅可(吉田南小6年)
  • 粉川千慧(燕中等2年)

【最優秀賞の内山さんのスピーチ】

The charms of Tsubame Festival

Hello, everyone.

My name is Airi Uchiyama.

I'm a student of Tsubame Secondary School.

Today, let me introduce the summer festivals in Tsubame city.

Because it is very attractive.

First of all, even little children can join the festival.

Not only they see the festival but also they can take part in the musical parade and other events.

They can feel that they are a part of the community.

I joined it, too. And it was a really interesting.

Secondary, grown-ups can perform in the festival, too.

The men and women usually don’t have any school events that they can take part in.

But they can enjoy participating in the festival.

You can see a Mikoshi, which is known as a portable shrine.

They take part in a parade which is called “Sennin Mikoshi”, and carry the big portable shrine.

They look very energetic then children feel that they are happy to see, such energetic people.

When they see many people enjoy the festival, it makes all people and families happy.

We have a Bon dance festival.

Before we finish, anyone can take part in the dance festival.

The twenty-nine groups, about 2,000 people, dance then.

At first, they start dancing separately.

But they gradually become dancing together.

Everyone realizes that they are a part of the Tsubame city.

The festival must be proud of and special to the next generation.

I want to work for Tsubame city in the future and make plans for the summer festivals.

I want to make the festivals greater, and invite a lot of foreign people.

Thank you for listening.


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com