弥彦温泉「櫻家」でお座敷遊び入門講座第2弾「七夕の夕べ」、鮎懐石とともに堪能 (2014.6.25)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦温泉の割烹の宿「櫻家(さくらや)」は、7月4日午後7時から弥彦芸妓のお座敷遊び入門講座第二弾「七夕の夕べ」を開くので参加者を募集している。

 割烹の宿「櫻家」の前で若おかみの川上志保さん
割烹の宿「櫻家」の前で若おかみの川上志保さん

弥彦芸妓は4人が参加し、手踊りなど十八番の芸を披露する。そのあと、ビールのはかまを使っり、合いの手を入れたり、負けたらぐるっと回ったりといったお座敷遊びを体験して過ごし、2時間で終わる。

料理はこの日のために用意する「鮎と旬菜の懐石膳」に加茂の地酒「甕覗(かめのぞき)」に燕市のフード&バー「noanoa」による「日本酒カクテル」も。参加費は飲み物込みで1万円、宿泊は朝食付きでプラス5,000円とお得で、日帰りの人はJR吉田駅まで送迎する。定員30人。

3月3日に「ひなまつり」にちなんだお座敷遊び入門講座を初めて開き、それに続く「七夕」にちなんだ第2弾。次回は「クリスマス」にちなんだ12月の開催を予定する。

7月4日に行うお座敷遊び入門講座第2弾「七夕の夕べ」のちらし
7月4日に行うお座敷遊び入門講座第2弾「七夕の夕べ」のちらし

弥彦芸者は現在、12人。宴席に芸妓を呼ぶ機会は減るばかりだが、かといって芸妓とお座敷遊びを体験したいと思っても、個人では気軽に呼べない。そんな声を聞いて企画したもので、ひとりでも参加できるのがうれしい。「ひなまつり」の講座は対象を女性限定にして好評だった。

「2時間、笑いっぱなしですよ」と若おかみの川上志保さん。「芸妓さんは話し方も上手で、日本の伝統的な芸を味わってその魅力を感じてもらえたら」と参加を待っている。申し込みは櫻家(電話:0256-94-2009)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com