酒呑童子行列の参加者募集 山下りコースが復活 (2019.8.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市で生まれたと言われる鬼「酒呑童子(しゅてんどうじ)」の伝説にちなんだ「第15回 越後くがみ山 酒呑童子行列」が9月29日(日)に燕市国上、道の駅「国上」をメーン会場に行われ、実行委員会では行列の参加者を募集している。

酒呑童子行列参加申し込みを受け付けている燕市産業史料館内の燕市観光協会
酒呑童子行列参加申し込みを受け付けている燕市産業史料館内の燕市観光協会

酒呑童子は、丹波国の大江山などに住んで大暴れし、源頼光に成敗されたとされる鬼。燕市分水地区の砂小塚で生まれたとの説があり、その分水地区で毎年、行われている。

酒呑童子や鬼に関連したさまざまなイベントが行われるが、メーンは総勢約200人による行列。仮装やフェイスペイントで鬼変化などして練り歩く。以前は国上山中腹の燕市分水ビジター・サービスセンターからふもとまで林道を下るコースだったが、参加者を中腹までバスで移送する手間もあり、近年は会場周辺の平らな場所を行列するコースに代えて行ってきた。

ことしは午後から昨年と同じように酒呑童子行列実行委員会主催で会場周辺コースの行列を行うが、午前にも分水北まちづくり協議会主催で久しぶりに山下りコースもあわせて行い、盛り上げる。

関連グッズのTシャツ
関連グッズのTシャツ

定員は山下り行列コース50人、会場周辺行列コース150人。参加無料だが、参加者には無料の鬼メイク、祈り、おはらい、鬼願成就イベント参加の特典がある。参加したい人は、道の駅「国上」が燕市産業史料館内の燕市観光協会で申込用紙に記入し、設置してある専用ポストに入れるか、燕市観光協会HP専用申込フォームで申し込む。

また、当日に向けて燕市内各地で鬼登場PRイベントを行い、9月14日(土)に燕市交通公園とこどもの森で開く「おにフェス」では、飲食物販や子ども向けのワークショップなどを行うほか、鬼Tシャツ(おとな用1,500円・子ども用1,000円)をはじめとした漫画家の永井豪さん描き下ろしのイラストの鬼グッズを、道の駅「国上」と燕市観光協会で先行販売している。詳しくは燕市観光協会(電話:0256-64-7630)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com