つばめ産学協創スクエア事業で新潟大学国際インターンシップ28人を受け入れ (2019.8.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市インターンシップ「つばめ産学協創スクエア事業」では、8月23日から28日まで新潟大学国際インターンシップ事業に参加する国内外の大学生28人を受け入れて燕市内の企業6社でインターンシップを行い、最終日の28日は燕市産業史料館で発表会を開いた。

つばめ産学協創スクエア事業で受け入れた新潟大学国際インターンシップの発表会
つばめ産学協創スクエア事業で受け入れた新潟大学国際インターンシップの発表会

新潟大学はメコン諸国と連携した地域協働を図り、少人数のチームで研究活動に勤しむドミトリー型教育による世界展開力強化事業「G-DORM(ジードーム)」に取り組んでいる。

その事業のなかで、燕地域企業との協働を通じた短期留学交流プログラムでベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、ラオスのメコン諸国の大学と新潟大学の学生のインターンシップをつばめ産学協創スクエア事業が受け入れるようになったことしで3年目になった。

ことしはタイ、ベトナム、カンボジア、ラオスの4カ国の大学から留学生17人と新潟大学の学生11人の28人を受け入れ、燕市内のアベキン、阿部工業、エムテートリマツ、大泉物産、新越ワークス、北越工業の6社に分かれて「燕(企業間連携)におけるIT化推進」をテーマにインターンシップを行った。

メコン諸国の大学と新潟大学の学生28人が参加
メコン諸国の大学と新潟大学の学生28人が参加

そのフィールドワークを通じて明確化した課題に対する解決策などをまとめ、最終日の発表会で企業関係者に向けてグループごとに提案をプレゼンテーションした。

学生はプレゼンはすべて英語。各社の概要に始まって生産管理のペーパーレス化やQRコード管理、海外マーケットに対応した製品開発や海外の法律に精通し、市場調査の実施、行政への売り込みなどを提案。予定した時間では足りないほど質問も多かった。

このあと30日には新潟大学工学部で「産学連携による国際的な科学技術教育に関するフォーラム(燕地域企業との協働を通じた短期留学交流プログラム発表会)」も開かれる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com