ケンオー・ドットコムのロゴ トップバナー ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
ハンズワタベ、0256-62-3899
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
空間除菌システム - 梨本商店

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
spacer spacer
spacer
spacer

見出し一覧を表示 取材依頼・情報提供はこちら

感染リスクでロシア体操チームの加茂市での東京五輪事前合宿が中止

4月7日 17時2分

夏の東京五輪に向けて新潟県加茂市で行われる予定だったロシア男女体操チームの五輪事前合宿は、チームの選手らの新型コロナウイルス感染防止のため中止になった。

6日、ロシア体操連盟のバシーリ・チトフ会長名で「代表選手チームの加茂市での事前合宿は行わずに直接、東京に向かうことを決断した」とする文書が加茂市に届いた。

中止の理由は、合宿による感染リスクが大きすぎ、最悪の場合は五輪出場ができなくなるため。加茂市は2019年7月に五輪の直前合宿をスムーズに行うための合宿を受け入れ、同年11月に来日したロシア体操連盟のチトフ会長と事前キャンプに関する覚書を結んだ。

この覚書に基づき、ことしは五輪直前の7月11日から27日まで選手やスタッフ合わせて42人が加茂市に訪れて事前合宿する予定だった。

7日の記者会見で藤田明美市長は「これまで、練習会場となる体操トレーニングセンターの整備や宿泊施設と国内の移動手段の確保、そして感染症防止対策のマニュアル作成などの受け入れ準備を進めてきたが、合宿の中止でロシア体操チームの選手、コーチとの交流ができなくなり非常に残念」とし、「今後は、ホストタウンとして市民の声援を届けるようにしたい。これからも、ロシア体操チームが五輪で良い成績を上げられるように応援していく」と述べた。

加茂市は事前合宿に向け、約6700万円を投じて加茂市トレーニングセンターの建物を回収し、器具すべてを東京五輪使用器具に入れ替えて整備した。

最新リスト

【延期】大地の芸術祭 (4/17,3時5分)

新潟市に特別警報、21日から飲食店などに時間短縮営業など要請 (4/17,1時2分)

埼玉、千葉、神奈川、愛知に20日からまん延防止法適用を決定 (4/16,17時56分)

燕市版コールドチェーン(燕市モデル)発表 (4/16,11時44分)

燕市吉田東栄町の火災は住宅を半焼 (4/15,21時59分)

燕市の火災の続報 (4/15,12時6分)

【ドットコラム】江戸のかたきを長崎で (4/14,17時22分)

県央基幹病院新築工事安全祈願祭と起工式の動画 (4/14,13時7分)

津南中東教育学校が生徒の感染確認で14日から臨時休校 (4/13,16時7分)

西蒲区で農作業小屋と下草が燃える (4/13,12時11分)