spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

ニュースタンク

...見出し一覧へ

三条、燕で消防出初め式(2001.1.6)

一斉放水(三条)

全国的に出初め式の6日、三条地域消防本部(長谷部枢消防長)と燕市消防本部(小野塚栄治郎消防長)でも消防出初め式を行い、一年の無災害を祈り、消防職員の士気高揚、住民の火災予防思想の理解と協力を図った。

三条地域消防出初式は、隊員60名が参加。午前9時に三条地域消防本部から市中パレードに出発。途中、市役所通りで統監の高橋一夫三条市長をはじめ来賓が観閲している三条厚生会館前で、指揮者が「かしらー、中」と号令。指揮者は挙手注目の敬礼、隊員は姿勢を正し、頭を統監に向けて敬礼した。

一ノ木戸商店街を通るパレード(三条)

その後、第一産業道路、東三条駅前、商店街を経由して消防本部に到帰着、防水訓練。部門指揮者が、高橋統監に対し放水訓練開始を申告、号令により庁舎に隣接した田んぼに向かって一斉放水。ホースから勢いよく水柱が上がり、青空に円弧を描くと、見学の親子は「ほら、見てごらん。すごいね」「うわー」と歓声を上げた。

式典では、災害等で殉職した消防職員や火災などで亡くなった人に対して黙祷のあと、組合管理者で統監の高橋三条市長が「輝かしい新年を迎え、長い歴史と伝統の出初式を無事に終えることができました。昨年は、海外では、オーストリアのトンネル火災、国内では有珠山の噴火、伊豆の群発地震など、枚挙に暇がないほど。管内でも55件の火災が起き、2名の尊い命が失われました。非常に残念なことです。救急においては、2765件の出動があり、地域住民の救急依存度の高さがうかがえます。本年も、災害に強く安全に強い町を目指し、消防の隊員の皆さまには、地域消防の中核として、一層の精進を切望します」とあいさつした。

中ノ口川で一斉放水(燕)。写真をクリックするとQuickTime Movieを表示します。

燕市消防本部では午後2時から同本部で高橋甚一統監の年頭のあいさつを行って始まった。同2時半、燕橋たもとの左岸河川敷で、中ノ口川に向かって放水訓練を行い、青空を写す川面に向かって勢いよく水を放った。

その後、宮町商店街のパレードは、高橋統監や青柳弘消防団長らが観閲のため待機している戸隠神社前を通過。見学は、三条と同様親子連れが多く、お母さんにつれてきたもらった小さい子どもたちは、すぐ前を通っていく消防車や救急車に目を輝かせていた。
 パレード終了後は、高橋統監や小野塚消防長、消防団の幹部18人が、戸隠神社で安全祈願を行った。



燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク