spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

ニュースタンク

...見出し一覧へ

加茂タクシーが車内に小中学生絵画展示(2001.7.10)

加茂市駅前、加茂タクシー(有)(坂井一成社長)では“安全でやさしいタクシー”をテーマに市内の小、中学生が描いた作品をタクシー車内や同社入り口わきに展示している。

応募作品を前に有本君

8月5日は89年前のこの日、日本初の料金メーター付きタクシーが走ったことを記念する「タクシーの日」。全国のハイヤー・タクシー協会は毎年、この日にちなんだイベントを展開している。

新潟県ハイヤー・タクシー協会のことしのイベントは、県内の小、中学生から“安全でやさしいタクシー”をテーマに絵画作品を募集。8月5日に金賞1人、銀賞3人、銅賞10人を選び、入賞作品を縮小印刷してポケットティッシュにはさみ、タクシーの利用客に配布する。

加茂市では、6月初旬に市内12校に応募を呼びかけところ小学生12人、中学生1人から合わせて13点の応募があった。作品は力作ぞろいだが、入賞しなければ日の目を見ることはない。そこで坂井社長は「せっかく描いてもらったものだから何とかしたい」と考えた。

ヘッドレストを飾る作品

入り口前の作品と坂井社長

坂井社長はまず、協会に提出する前に38×54cmの原画をデジタルカメラで1枚1枚撮影してA4サイズでプリントアウト。雨に濡れてもいいようにラミネート加工し、作品の下に学校名と名前を付けて4日からタクシー助手席のヘッドレストの後ろ側に張り付けて展示するとともに、同社入り口わきにも“掲示板”を設置、作品を張り出している。8月5日まで展示の予定だ。

坂井社長は「力作ぞろいの作品を市民のみなさんにも見ていただいて、この物騒な世の中、タクシーをご利用の間や会社の前を通る方たちに喜んでもらって、少しでも心をいやしてもらえればと思いました。もしかすると、この中の作品から金賞や銀賞が出るかもしれませんね」と話している。

中学生でただ一人応募した加茂中学校2年有本淳是君は「自分の描いたものが掲載されるのはうれしいが、ちょっと恥ずかしいです」とちょっぴり照れ顔だ。



#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク