spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


ニュースタンク

...見出し一覧へ

燕・第22回市長杯争奪親善野球大会は燕署優勝(2001.9.30)

燕市議会主催第22回市長杯争奪親善野球大会が29日午後1時から三条燕総合グランドで行われ、晴れ渡った秋空の下、参加4チームが優勝杯をかけて熱戦を繰り広げた結果、燕警察署が優勝した。

ユニホームはプロ並(?)の参加チーム

燕市議会、東北電力、燕警察署、北越銀行燕支店が野球を通じて親ぼくを深めようと毎年、各団体から1チームが参加している。開会式で高橋甚一燕市長は「きょうのお天気は最高です。この野球大会の目的は親善なので、ぜひ交流を深めていただきたい。けがのないようゆっくり楽しんでください」とあいさつ。始球式は、ことし燕警察署に着任した渡辺和雄燕警察署長が行った。

渡辺和雄燕警察署長の始球式

開会あいさつする高橋甚一燕市長

試合は3回以降10点差以上はコールドゲームの5イニングス、トーナメントで競った。1回戦は、燕市議会と北越銀行燕支店、燕警察対東北電力がそれぞれ対戦。選手最高年齢のいる燕市議会が若手新入社員のいる北越銀行に5対6で負けたものの、ヒットや相手のエラーをついて得点に結びつけて大健闘だった。

観覧していたギャラリーは「親子ほど離れた年齢差だけど、なかなか市議会も頑張ってるね」と変に感心。高いフライの捕球、ダブルプレーで走者一掃などの好プレーも試合を盛り上げていた。試合の結果は次の通り。


【1回戦】
燕市議会5−6北越銀行
燕警察署11−4東北電力
【3位決定戦】
東北電力16−2燕市議会(3回コール)
【優勝決定戦】
燕警察署9−1北越銀行



#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク