spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


ニュースタンク

...見出し一覧へ

田上・(有)茂野タンス店が全国伝統的工芸品コンクールで日本商工会連合会会長賞(2001.12.26)

創業75年の桐タンスメーカー、田上町原ヶ崎新田、(有)茂野タンス店(茂野克司社長)は、18日から来年1月5日まで東京・全国伝統的工芸品センターで開かれている平成13年度第26回全国伝統的工芸品コンクールに出展、日本商工会連合会会長賞を受賞した。

日本商工会連合会会長賞を受賞した(有)茂野タンス店の文机「文士」

日本商工会連合会会長賞を受賞した(有)茂野タンス店の文机「文士」

受賞作は、社員の野崎宏幸さんが中心となって制作した桐のステーショナリーシリーズのひとつ、文机(ふみづくえ)「文士(BUNSHI)」。17日行われた審査で、グランプリ3席に次ぐ優秀デザインの全国商工会連合会会長賞を受賞した。

桐のやわらかさを生かし、2つの引き出しがあるだけのシンプルなデザインながら、漆を施して重厚感を演出。漆には防水効果や傷がつきにくいという長所もあり、デザインと機能の潔いバランスを見せる。

同コンクールは伝統的工芸品を後世に伝えようと、伝統的工芸品産業振興協会主催で毎年、開かれている。伝統的工芸品、工芸用具、工芸材料を制作している個人やグループ、団体から、ことしは274人が136工芸品、計324点を出展した。

中心となって制作した野崎さん

中心となって制作した野崎さん

茂野社長は「机はスチールが主流ですが、人が何かを発想するときは、金属より木の温もりがあった方がいいんです。今はシンプルで機能的なものを求められています。ただ、シンプルなものでも、どこかにアクセントがないといいけませんから、我々は常に技術と発想の積み重ねです」。

野崎さんは「昔ながらのよさと使いやすさを考えました。制作しているときは“入賞するぞ”というふうに考えず楽な気持ちで取り組んだので、それがかえってよかったのかもしれません」と受賞を喜んでいる。

受賞作は、来年2月28日から3月4日まで東京ドームに隣接するプリズムホールで開かれる「2002全国伝統的工芸品まつり」でも展示される。

【関連リンク】

平成13年度 全国伝統的工芸品公募展



燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク