ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer

ニュースタンク

...見出し一覧へ


spacer三条市のまち美化ボランティア懇談会spacer(2003.2.19)

三条市では、18日午後1時半から三条市中央公民館で「まち美化ボランティア懇談会」を開き、市内のボランティア活動団体が1年間の活動の事例発表を行なった。

18日開かれた三条市のまち美化ボランティア懇談会

18日開かれた三条市のまち美化ボランティア懇談会

市民参加のきれいなまちづくりを進めようと、三条市は昨年4月にまち美化ボランティア制度を導入した。2月1日で40団体の1,536人が登録している。

懇談会は、活動団体交流を深め、制度の充実を図ろうと初めて開いたもので、25団体から32人が出席。市は高橋一夫三条市長はじめ7人が出席した。

事例発表では、それぞれの目で見た地域がごみの状況を報告した。「清掃しながら歩いていき、帰りに同じところを通ったらすでに新しいたばこの吸い殻が捨てられていた」「8月は花火のごみが目立った」「道路は通過点だと思って、ひんぱんに清掃しなくてもいいと考えて2カ月間しなかったら、空き缶が200個もあった」「道路わきの草がぼうぼうになっていて、それを刈ったらごみの山だった」。

また、たばこの吸い殻が目立つことから「歩きたばこを禁止してほしい。条例をつくって罰金をとってもいいと思う」という意見もあった。

その一方で「花を植えていると、これは何の花?と人が集まってくるのが楽しい」「活動を見て、仲間に入れてくれと来られた人もいる」と活動の輪の広がりも報告。活動を知らない人にもそれとわかるように腕章を作ったり、清掃範囲の区長に会員を見かけたらねぎらいの声をかけてほしいと頼むなど、活動のアピールの工夫の発表もあった。

高橋市長は「1年たって地道に行なってきたみなさんの活動が、少しずつ、少しづつ、周りに広がっているということでうれしく思う」と喜んでいた。