ケンオー・ドットコムのロゴ 2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer

ニュースタンク

...見出し一覧へ


spacer八郎右エ門が燕市の奨学金に8万円寄付spacer(2003.5.3)

燕市佐渡下屋敷、割烹「八郎右エ門」(小林茂社長)は2日、燕市内の学生の奨学金に役立ててほしいと燕市に8万円を寄付した。

キャプション

右から高橋市長、小林茂さん、真由美さん、五十嵐さん

社長の小林茂さん(51)とその妻、真由美さん(49)、同店従業員の五十嵐美智子さんの3人が午後4時半に市役所を訪れ、真由美さんから善意を包んだのし袋を高橋甚一市長に手渡した。

同店は開業からことしで18年。小林さんは「18年間、継続して営業できた感謝の気持ちです。若い人に頑張ってほしいので、奨学金に使っていただきたい」と話した。

寄付金は、客が受け取らなかった釣り銭の小銭と従業員の善意、それに同店もプラスし、18周年と店名にある「八」にちなんでちょうど8万円にして寄付した。

高橋市長は「20周年の2年後に、またぜひ。商売、頑張って」と言ってから「2年後だと合併しているか…。合併してたって同じことらね」と、ついつい頭は合併に。さらに奨学金は人材育成の面から「何倍になるかわからない」と将来、善意が大きな実を結ぶことに期待した。