ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer

ニュースタンク

...見出し一覧へ


spacer協栄信用組合が旧加茂出張所の土地、建物を加茂市に寄付spacer(2003.6.3)

遊休地を世話になった加茂市民のために役立てもらえたらと協栄信用組合(高橋作衛理事長)=本店・燕市東太田=は3日、移転統合した同信用組合加茂出張所=加茂市上町=の旧店舗建物と土地を加茂市に寄付した。

小池清彦加茂市長(背中)に目録を手渡す高橋作衛協栄信用組合理事長(いちばん左)

小池清彦加茂市長(背中)に目録を手渡す高橋作衛協栄信用組合理事長(いちばん左)

午前11時に高橋理事長と近藤卓西加茂店支店長、青木光弘本店総務部副部長の3人が市役所を訪れ、高橋理事長から小池清彦加茂市長に目録を読み上げて手渡した。

同信用組合は、昭和39年に加茂市のメインストリートに加茂支店を開店。その後、出張所としたが、ことし2月に西加茂支店=加茂市栄町=と統合した。

加茂市に寄付した協栄信用組合の旧加茂出張所

加茂市に寄付した協栄信用組合の旧加茂出張所

空き家となった加茂出張所は、352.91平方メートルの土地に建つ鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積514.24平方メートル。建築から40年近くたち、今の建物を使うには修繕が必要だが、加茂の一等地に位置する。

小池市長は「けたはずれのご寄付で、感激、感謝いたしております。ただで頂いて…」と礼を述べると、高橋理事長は「ただほど高いものはないですよ」と笑顔で返し、「これまで活用方法を検討してきたが、今われわれは活用の手立てがなく、市の方で活用していただきたい」と長い間、加茂市で営業させてもらっている礼と話した。

活用方法について小池市長は、小学校の図書館を移築した加茂山公園内にある加茂市民俗資料館が手狭なため、市民からもっと活発にとの要望があり、民俗資料館にするのがひとつの提案と話していた。

■関連リンク

arrow協栄信用組合