ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer

過去記事見出しへ

spacer青空の下で三条地域消防出初め式spacer(2004.1.6)

全国的に出初め式が行われた6日、三条地域消防本部(堀内俊夫消防長)でも三条地域消防出初め式を行い、市中パレードや一斉放水訓練を行ってことし一年の管内の無災害を願った。

6日行われた三条地域消防出初め式の一斉放水訓練

6日行われた三条地域消防出初め式の一斉放水訓練

午前9時5分に同本部から消防車両10台が出発し、三条市の目抜き通りなどをパレード。途中、三条市厚生福祉会館前で統監の高橋一夫三条市長や副統監の小林弘右栄町長、佐藤寿一下田村長らの観閲を受けた。

パレードから戻り、9時45分から同本部訓練場で放水訓練を行った。最初に昨年、配備した少量の水や消火薬剤の微細な粒子を高速度で火の中に撃ち込んで消火するインパルス銃(背負い式高圧噴霧銃)2基による放水訓練。続いて放水隊47人が訓練場北側に整列、田んぼに向かって一斉放水訓練を開始、はしご車からの放水と合わせて15本の水柱を上げた。

三条市厚生福祉会館前で観閲を受けるパレード

三条市厚生福祉会館前で観閲を受けるパレード

午前10時の気温は2.7度(同本部調べ)と冷蔵庫並みだが、青空が広がる好天に恵まれ、子ども連れの20人ほどが見学した。見学の幼児は、勢ぞろいした消防車両や放水訓練に寒さも忘れて「おもしろかったあ」と目を輝かせていた。

訓練後の式典で管理者の高橋三条市長が訓示。昨年、管内では46件の火災が発生、損害額は約1億7000万円だったことを話し、安心して暮らせる都市への積極的な体制づくりが不可欠であり、さらに消防力の整備に努めるとし、「消防職員による本日の訓練は、規律正しい行動が示され本当に頼もしい限り」と、災害の少ない年となるよう願った。

堀内消防長は謝辞で「地域住民の方々が安全で安心して生活できますよう、職員一同全力を挙げて職務に精励していきます」と述べ、10時半に終わった。