ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
加茂の蔵元、マスカガミが期間限定生原酒発売spacer(2004.2.7)

蔵元の加茂市若宮町1、(株)マスカガミ(中野惣太郎社長)は2日、しぼりたての生原酒「にごろさ」と「しぼりたて」の2銘柄を期間限定で発売した。

マスカガミが期間限定発売した生原酒「にごろさ」

マスカガミが期間限定発売した生原酒「にごろさ」

2銘柄とも中身は同じで、正月明けに仕込んで今の時期からしぼり始める新酒の生原酒。アルコール度19度以上20度未満、720ml入り1,200円で、4月末まで販売する。

銘柄の違いはラベルで、「にごろさ」は同店の屋号(仁五郎さ)にちなむ。地元では地域に親しまれた名前をと、加茂市と田上町の酒店だけの限定発売。白地のラベルで紺色の丸の中に「にごろさ」とあり、その上に「早春しぼり」とあるラベルも付く。

「しぼりたて」はそれ以外の地域で販売し、明るい緑のラベルに「しぼりたて」とある。

右の緑のラベルは「しぼりたて」

右の緑のラベルは「しぼりたて」

一般の清酒は熱殺菌するが、生原酒は加熱処理をせず、しぼりたての新鮮な香りとまろやかな味わいが持ち味。適度に残る発酵ガスにより、口に含むとわずかにぴりっとした感覚がある。ただし、熱処理をしていないので冷蔵保存が必要だ。

同社は一昨年から生原酒を限定発売している。工場見学で新酒を試飲した人から「あの味が忘れられない」と商品化を求められて実現した。

生原酒は冷やで飲み、日本酒が苦手な人にも飲みやすいと中野壽夫同社専務。「旬の酒をたくさんの人に味わってほしい」と話している。

■関連リンク

arrow萬寿鏡(マスカガミ)