ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
経営大軟式野球部が4年ぶり2回目の全日本大会出場へspacer(2004.7.3)

加茂市希望ヶ丘、新潟経営大学の軟式野球部は、4月から行われた平成16年度新潟地区大学軟式野球連盟春季大会で優勝し、8月に行われる全日本大学軟式野球選手権大会への出場を決めた。

4年ぶり2回目の全日本大学軟式野球選手権大会出場を決めた新潟経営大学軟式野球部の部員

4年ぶり2回目の全日本大学軟式野球選手権大会出場を決めた新潟経営大学軟式野球部の部員

春季大会は、県内の大学から10チームが出場して4月から6月まで、リーグ戦で行われた。その結果、同大学軟式野球部は8勝1敗で優勝。8月10日から愛媛県松山市で開かれる第27回全日本大学軟式野球選手権大会への出場権を得た。全日本大会には全国から23チームが出場してトーナメントで競い、同大学は初戦で大阪国際大学と対戦する。

練習を重ねる部員

練習を重ねる部員

同野球部の部員は1年生から4年生までの16人。全日本大会出場は、平成12年8月以来4年ぶり2回目で、前回出場者は卒業しているため、部員全員が初の全日本大会出場となる。

萱森貴洋キャプテン(20)は、「楽しむ野球」をモットーに、チームワークを大事にした雰囲気のいいチーム作りを進めた。昨年の春季大会は3位で、ことしは優勝だけをねらった。「優勝が決まり、ほっとしている」が萱森キャプテンの本音だ。

大学には野球場がなく、週2回、加茂市の川西球場をなどを借りて3時間の練習を積んできた。全国大会では「まず、1勝を」と、さらに練習を増やしていく。同大学の春季大会の戦績は次の通り。


▲対新潟工科大学=○4-3▲対新潟国際情報大学=○4-3▲対長岡大学=○11-9▲対新潟薬科大学=○12-3▲対新潟大学全学=○7-3▲対新潟大学歯学部=×4-8▲対新潟産業大学=○10-4▲対新潟医療福祉大学=○2-1▲対新潟大学医学部=○9-2

■関連リンク

arrow新潟経営大学

arrow第27回全日本大学軟式野球大会

arrowamazon.co.jpで「軟式野球」で検索