ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
加茂美人の湯が入館者40万人を達成、40万人目は小千谷市の夫婦spacer(2004.9.20)

日帰り温泉施設、加茂市市民福祉交流センター「加茂美人の湯」は20日、平成14年11月のオープンから1年9カ月余りで入館者40万人を達成し、記念のセレモニーを行った。

入館者40万人を達成し、記念セレモニーが行われた加茂市市民福祉交流センター「加茂美人の湯」

入館者40万人を達成し、記念セレモニーが行われた加茂市市民福祉交流センター「加茂美人の湯」

40万人目の入館者となったのは、夫婦で初めて来館した小千谷市ひ生、会社員白井文子さん(53)。「新津市に行った帰り道に温泉の看板が目にとまった」ので寄ったもので、思わぬプレゼントに驚いていた。

40万人目の入館者となり、プレゼントを受ける小千谷市の白井さん夫婦

40万人目の入館者となり、プレゼントを受ける小千谷市の白井さん夫婦

白井さんには、吉田淳二加茂市助役から花束と桐の文書箱、地元七谷産コシヒカリの新米5kgの目録、美川憲一の『加茂川ブルース』のカセットテープ、無料入館券10枚をプレゼント。同センターで食事を提供する加茂料亭組合からの同センターの食事の引換券のプレゼントもした。

ほかに前後賞として39万9999人目の新潟市関屋、公務員印銀司さん(62)と40万0001人目の月潟村上曲通、建築大工和平勝男さんにそれぞれコシヒカリ、カセットテープ、無料入館券5枚を贈った。

同センターは一昨年11月のオープン以後、入館者は昨年4月に10万人、同9月に20万人、ことし3月に30万人に達している。最近は1日に平日で約300人、休日は1,000人以上が入館。前日の日曜19日は約1500人が入館した。

■関連リンク

arrow加茂市市民交流センター