ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
燕市9月定例会初日の21日、高橋市長が施政方針演説spacer(2004.9.21)

燕市議会9月定例会初日の21日、5日の任期満了に伴う燕市長選挙で4選を果たした高橋甚一燕市長は施政方針演説を行った。

燕市9月定例会初日の21日、施政方針演説を行う高橋市長

燕市9月定例会初日の21日、施政方針演説を行う高橋市長

高橋市長は冒頭、7月13日の水害により大きな被害を受けた関係市町村や被災者を見舞い、救援活動では市議はじめ市民からの協力に感謝した。

市政全般にわたる施策については、3月に所信表明しており、その目指す方向は変わらないが、特に今回の立候補にあたって公約として掲げた最も基本となる重点施策として、合併の実現、産業の振興、充実した福祉と教育環境の整備、緑あふれ安全なまちづくりの4つを説明した。

さらに進行中の合併を視野に入れ、「燕市長として新たな燕市の創造に向けて次世代にしっかりとバトンタッチできるまちづくりを進めるという理念のもと、私の信条であります清潔で明るい行政運営、市民の信頼に応えた質の高い行政サービスの提供を目指して、全職員と力を合わせて取り組んでまいります」と協力を求めた。

■関連リンク

arrow施政方針演説全文