ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
「秋分の日」の三条市は夏日の残暑だったが、ヒガンバナは今が盛りspacer(2004.9.23)

「秋分の日」の23日、三条市では前日の雨が明け方までにあがって日中は青空が広がり、最高気温26.1度の夏日となる残暑だった。

三条市保内公園緑の相談所裏手で満開のヒガンバナ

三条市保内公園緑の相談所裏手で満開のヒガンバナ

三条地域消防本部の毎正時の観測では、明け方までの最低気温は午前3時の18.2度で、午後2時に25.9度で25度を超えて夏日となり、午後3時に最高の26.1度を記録した。

三条市保内公園では、緑の相談所裏手に長さ数メートルに渡って植えられたヒガンバナが満開だ。文字通り秋の彼岸ころに花を開き、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれる。

絶好の行楽日和だった23日、同公園は朝から家族連れやカップルでにぎわい、燃えるように赤いヒガンバナの花の列に秋を実感していた。

また、「秋分の日」は「春分の日」と同様、昼と夜の長さがほぼ同じになる。ただ、「春分の日」とは逆に、この日を境に昼よりも夜の時間が長くなる。新潟地方気象台によると、23日の新潟市の日の出は午前5時32分、日の入りは午後5時40分だった。

■関連リンク

arrowamazon.co.jpで「ヒガンバナ」で検索