ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
[NUM総合講座レポート・11/10]高野吉郎木の店カネニ代表spacer(2004.11.20)

平成16年11月10日

テーマ:(家業を会社にそして会社を家業に)「木と住まいと暮らし」

講 師:木の店カネニ 代表 高野吉郎

新潟経営大学 2年 小泉 八恵

新潟経営大学2年小泉八恵さん

新潟経営大学2年小泉八恵さん

「木の店カネニ」の代表の高野さんは、祖父の代からの材木屋で育ってきた。高野さんは長男ということもあり、家業の材木屋を継いだ。

日本の材木の80%は主にアメリカやカナダ、ロシアといった海外から輸入しているものが多い。今、「森林伐採」が問題視されているが、高野さんの話によれば、「木を切った後は植樹をしているので、そういった環境破壊問題の対策はしている」とおっしゃっていた。日本の森林資源は年々増えているのである。

高野さんが今、不安に思っていることは、地震などで住宅の材木需要が増えた場合のことがある。既存の方法は「日本の木を材木屋が買い、それを地方に分配して家を建てる」ということであった。しかし、今回の中越地震のような大地震で大量の材木が必要になった時、輸入に頼ることになる。輸入の場合は「海外の木を総合商社(三井物産、三菱商事等)や専門商社が買い付け,商社系列の問屋から地方の工務店に分配され・家が建築される」という形式になる。この結果、系列外の材木屋は仕事が減ってしまうということである。

高野吉郎木の店カネニ代表

高野吉郎木の店カネニ代表

高野さんは、スギやヒノキ、マツなど色々な種類の木片を実際に持ってきてくださった。普段の生活では、滅多に触れることの無い木片を見てみると、色や模様、触り心地、そして匂いなどが1つ1つ違うのを実感した。高野さんは「現物・熟考−つまり、自分の目で見て、手で触れて、感じるということが一番大事だということ。」とおっしゃっていた

平成16年度新潟経営大学総合講座日程

日程

講師

所属・役職

レポート
LINK

1

9月29日

森岡 孝文

新潟経営大学・ 助教授

LINK→

2

10月 6日

能登 剛史

新潟総踊り祭実行委員会・副実行委員長

LINK→

3

10月13日

大谷 勝彦

(株)大谷・代表取締役

LINK→

4

10月20日

松永 幸司

(株)新潟フジカラー・取締役経営企画室部長

LINK→

5

10月27日

徳橋 隆行

新潟県経営品質協議会・運営委員

LINK→

6

11月10日

高野 吉郎

木の店カネニ・代表

LINK→

7

11月17日

加島 長作

(株)加島屋・代表取締役

LINK→

8

11月24日

相場 丈夫

相場鍍金(株)・代表取締役

LINK→

9

12月 1日

貝瀬 功一

新潟市産業経済局商工労働部産業企画課・参事 課長

LINK→

10

12月 8日

北村 泰作

(株)北村製作所・取締役社長

LINK→

11

12月15日

捧  厚雄

(株)アクティス・代表取締役社長

LINK→

12

12月22日

森岡 孝文

新潟経営大学・助教授

LINK→

■関連リンク

arrow新潟経営大学