ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
28日に初めて三条市環境シンポジューム2004、枝廣淳子さんの記念講演もspacer(2004.11.25)

三条市は、28日午後1時半から三条市中央公民館で三条市環境シンポジューム2004を開き、市民や行政が設立した「環境パートナーシップ会議さんじょう」の事業報告とNHK『地球だい好き 環境新時代』のコメンテーターとして出演中の枝廣淳子さんの記念講演を行うので、大勢の参加を呼びかけている。

三条市環境シンポジューム2004のちらし

三条市環境シンポジューム2004のちらし

「環境パートナーシップ会議さんじょう」事業報告のあと、2時15分から記念講演を行う。

「環境パートナーシップ会議さんじょう」(野崎勝康会長・約70会員)は、市民、事業者、NPOなどの市民団体、行政が会員となりパートナーを組んで環境を生かした町づくりを進めようと4月に設立。7・13水害の影響で活動が遅れたが、8つのプロジェクト事業が決まり、ようやく活動を本格化させる。

シンポジュームではプロジェクトの内容などを説明し、あわせて参加者も募集する。8つのプロジェクトは「道心坂を中心とする山と川に親しむ」、「里地・里山(大崎山)の再生」、「生ごみ処理器利用状況調査・普及促進」、「人と車と環境を考える」、「雨水(あまみず)ぴっちゃん」、「身近な緑を増やす」、「ユニバーサルデザイン実現チャレンジャー」、「環境『茶の間』」。

記念講演は、枝廣淳子(えだひろじゅんこ)さんを講師に「いま、地球のためにできること」のテーマで聴く。

枝廣さんは、東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。29歳から英語の勉強を始め、フリーランスの同時通訳者・翻訳者・環境ジャーナリストとなる。現在、環境関係の国際会議・講演会・セミナー等での通訳、出版翻訳およびビジネス翻訳の他、環境ジャーナリストとして、執筆・講演活動などを行っている。

入場は無料。同シンポジュームや環境パートナーシップ会議さんじょうについての問い合わせは、三条市民生部生活環境課環境対策室(電話:0256-34-5511)へ。

■関連リンク

arrowe's Inc.(枝廣淳子さんが代表取締役の有限会社イーズ)