ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
spacer spacer
spacer
spacer
「元旦サッカー in うるおい」でサッカー初めspacer(2005.1.2)

下田村を中心としたサッカーチームの下田FCは1日、三条市大野畑、うるおい広場サッカー場で「'05元旦サッカーinうるおい」を開き、“サッカー初め”でシャーベット状の雪に覆われたグラウンドでボールを追いかけた。

1日開かれた'05元旦サッカー in うるおい広場

1日開かれた'05元旦サッカー in うるおい

元旦サッカーは、下田FC監督の本間朗さん(36)が呼びかけ昨年、第1回目を開いた。本間さんはサッカーの体力づくりのためにと元旦マラソンに15年ほど参加していたが、やはりサッカー愛好者なら元旦もサッカーでと、チームの垣根を越えての参加を呼びかけ、昨年は約40人が参加した。

参加者で記念撮影

参加者で記念撮影

2回目のことしは、大みそかからの雪で集まったのは小学生から大人までの6人。3対3に分かれて1時間ほどのゲームを楽しんだ。グラウンドの表面は白い雪だが、シャーベット状で下は氷水の状態。ボールをけるといっしょに冷たい雪も跳び、雪に足を取られて転んだりと、ゲーム中は寒さも忘れて笑い声が響いていた。

胸までびっしょりになった三条市直江町、高山凱吏くん(小学5年生)は「冷たかったけど楽しかった」、同東裏館1、佐藤礁太郎くん(同)は「初めて雪の中でやって、足が冷たかったし、動きにくかった」と話したが、年始めのサッカーを楽しんでいた。

本間さんらは、これからも「元旦サッカー」を続けようと、来年の開催も約束していた。