ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
spacer spacer
spacer
spacer
三条の定期市に小正月の風物詩、繭玉spacer(2005.1.8)

三条市の二七の定期市に7日、小正月の風物詩、繭玉(まゆだま)飾りを売る露店がことしも出店し、タイや米俵をかたどった縁起物を販売した。

7日、三条市の二七の定期市で繭玉飾りを売っていた白根市の遠藤さん

7日、三条市の二七の定期市で繭玉飾りを売っていた白根市の遠藤さん

繭玉は、その年の豊作を祈願する予祝行事で、今は商売繁盛や家内安全、子どもの合格祈願のためにと買い求める人が多い。

定期市で繭玉飾りを売っていたのは、白根市の遠藤誠さん(60)。月潟村で製造されるもち米の粉で縁起物を形作り、食紅で色をつけた繭玉飾りを数十年、販売している。ことしも年明けから三条の定期市に出店し、ほかに燕、吉田、白根、巻や十日町の「ちんころ市」にも出店する。

7日は雷の鳴る荒れ模様で買い物客はまばらだったが、店に並ぶ赤、黄、緑と色とりどりの繭玉飾りに「これは何ですか?」と聞く人もいれば、「ことしも買いに来たよ」という常連も。

遠藤さんは、威勢のいい声で「いらっしゃい!」と声をかけ、「タイはめでたい。ちょうちんは先を明るく照らす。カブは商売の株が上がるように」と縁起物のいわれを説明。買い物客は自分の願いや予算に合わせて選んでいた。

繭玉飾りは、小さいもので2個100円から大きい物は1,500円まで。遠藤さんは12日も三条の定期市に出店する。