ケンオー・ドットコムのロゴ 2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

spacer
spacer spacer
spacer
spacer
杉の子工房でもちつき大会、水害からの再生への出発点にspacer(2005.1.13)

三条市西本成寺1、知的障害者授産通所施設「杉の子工房」(坂井正弘所長)は、13日午前10時から三条市嵐南公民館で恒例のもちつき大会を開いた。この日は7・13水害からちょうど半年にあたり、被災した同工房の再生への出発点となる願いも込めた。

13日、三条市嵐南公民館で開かれた杉の子工房のもちつき大会

13日、三条市嵐南公民館で開かれた杉の子工房のもちつき大会

同工房は、水害で床上60センチ余りまで浸水し、建物の被害のほかに十数台ある木工機械の6割以上やマイクロバスも被害を受けた。作業の再開は水害から3カ月もたった10月に入ってからで、それまでの間、運動会や同窓会などすべての行事を中止したが、この日の恒例のもちつき大会は開くことができた。

同施設と交流のある市内の小規模授産施設の「さくらの家」、「ステップハウス」、「アトム」、それに、三条市、関係事業所などを招き、同施設の通所者と保護者ら125人が参加した。

坂井所長はあいさつで、昨年は災害を振り返り、「夢や希望のある年になるように、みんなで粘りのあるもちをついて、つきを呼び寄せてほしい」、「もちのようにねばり強く頑張れば必ず願いがかなう。あきらめないで努力することが大事」と話し、水害からの再生を願った。

もちつき大会のもち米は、毎年暮れに(株)大島電機=土田正樹社長・三条市北新保2=が三条市を通じて寄付しているもの。参加した各施設の利用者は、「よいしょ!」の掛け声とともにきねを振ってつきあげ、保護者があんこ、きな粉、ごまの3種類にして味わい、久しぶりの施設行事に時間を忘れていた。