ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


4月1日オープンの燕市・大曲河川公園に市民200人でサクラとサツキ275本を植樹(2005.3.28)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市と市民でつくる「大曲河川公園ファンクラブ」は、27日午前10時から4月1日のオープンを前に大曲河川公園で植樹祭を開き、市民約200人が参加してサクラとサツキの木を植えた。

4月1日のオープンを前に27日、大曲河川公園で行われた植樹祭

4月1日のオープンを前に27日、大曲河川公園で行われた植樹祭

同公園は県のふるさと河川事業の一環で建設された多目的広場。県央大橋西詰めの中ノ口川河川敷の約6万平方メートルで、平成14年度に着工、事業費は約3憶5千万円。

植樹祭では、県の緑百年物語から寄付を受けたソメイヨシノ70本とサツキ200本、さらに燕ライオンズクラブからの寄付のシダレザクラ5本を植えた。サクラは堤防の上に、サツキは斜面に「つばめ」の文字をかたどるように植樹した。

公園に親しみ、木を大切にしてもらおうとソメイヨシノ70本は里親制として、先に里親を募集。それぞれの木のそばに里親の名前とメッセージを記した縦約25cm×横約15cmのアクリル板のプレートを立てた。

親子そろって植樹

親子そろって植樹

前日までの寒波はゆるみ、午前10時からの開会式では薄曇りの空から日が差した。高橋甚一市長はあいさつで「10年、20年後には立派なサクラ並木になり、ここで花見ができる。市民の最高の憩いの場になるように」と期待した。

里親になった人たちは、すでに高さ3、4メートルに育ったソメイヨシノに「意外と大きいね」。家族やとなりの人と協力してシャベルを使って植えた。

家族5人で参加した水道町の5歳の男の子は「きれいなサクラになるといいな」、3歳の弟は「食べられるといいなあ」と花が咲くのを楽しみにしていた。

プレートのメッセージは、高橋市長が「悠久の大河中ノ口川よ 勇気と夢と希望を」。病気の母の名前を付け「元気に育つように」とサクラの成長に回復の願いを託したものや「新燕市合併記念」、「サッカー選手になってゴールを決める」とそれぞれの願いがこもっていた。