ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


三条市6月定例会の一般質問始まり、21市議が質問(2005.7.5)

取材依頼・情報提供はこちら

新三条市で初めての定例会、6月定例会の一般質問が5日、始まった。一般質問は11日までに5日間の日程で、市議60人のうち21人が質問する。

5日、一般質問が始まった三条市6月定例会

5日、一般質問が始まった三条市6月定例会

初日5日は午前10時に開会し、西川哲司市議(旧下田)を皮切りに武士俣昭司(旧三条)、米田美智子(同)、和田武(同)、角田正昭(同)の5市議が質問した。

1人の発言は、15分、10分、5分の計3回までで、旧三条市議会より5分ずつ短い。3回とも時間いっぱい質問すると旧三条市議会より15分短く、答弁する理事者側は、「1回5分だけど、だいぶ短く感じる」という声もあった。旧栄、旧下田の発言回数も3回までだったが、時間制限はなかった。

このあとの一般質問は6、7、8、11日で、12人の市議が7・13水害など災害復旧や防災関連の質問を予定している。本会議は午前10時開会で、だれでも傍聴できる。三条市議会では、一般質問の発言通告表をホームページに掲載している。