ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
8/11-16 道の駅「燕三条地場産センター」燕三条じばさん お盆フェア 2018
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
新潟・三条の酒「福顔(ふくがお)」
8/10まで「うんめもんフェアー」道の駅 漢学の里しただ 8/1-10盆花フェアー開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


三条消防1チームと燕消防1人が県代表として東北地区支部救助技術指導会の出場へ(2005.7.7)

取材依頼・情報提供はこちら

6日に新潟市で開かれた第22回新潟県消防救助技術大会で、三条市消防本部(堀内俊夫消防長)の1チームが「ロープブリッジ救出」、燕市消防本部の1人が「ロープブリッジ渡過」の種目でそれぞれ県代表として上位大会の34回東北地区支部救助技術指導会への出場を決めた。

第22回新潟県消防救助技術大会の「ロープブリッジ救出」で優勝、東北地区の指導会へ出場を決めた三条市消防本部の隊員、左から赤塚士長、井上士長、丸山副士長、原田消防士

第22回新潟県消防救助技術大会の「ロープブリッジ救出」で優勝、東北地区の指導会へ出場を決めた三条市消防本部の隊員、左から赤塚士長、井上士長、丸山副士長、原田消防士

同大会は救助技術の安全性や確実性、所要時間を競う大会で、県内から141チーム、延べ346人が参加し、全8種目で日ごろの練習の成果を発揮した。

東北地区の指導会出場に向けて三条市消防本部訓練場で訓練

東北地区の指導会出場に向けて三条市消防本部訓練場で訓練

三条消防は、4人1チームで19チームが出場した「ロープブリッジ救出」で優勝。「ロープブリッジ救出」は、長さ20mの渡過ロープを渡り、要救助者を救出ロープにつり下げてけん引救助し、脱出する。

三条消防は昨年も同じ種目で2位で、7月15日に秋田県で開かれた上位大会への出場を決めていながら、その2日前に起きた7・13水害で棄権した。

それだけに「ことしこそは全国大会出場を」と、東北地区よりさらに上の全国大会を目指し、昨年の分まで頑張ろうと意気込んで練習を重ねている。

「ロープブリッジ渡過」で東北地区の指導会に出場を決めた燕市消防本部の渡辺消防士

「ロープブリッジ渡過」で東北地区の指導会に出場を決めた燕市消防本部の渡辺消防士

燕消防は、16人が出場した個人種目「ロープブリッジ渡過」で渡辺貴之消防士(21)が4位で県代表に。「ロープブリッジ渡過」は、長さ20mの渡過ロープをセーラー渡過、モンキー渡過で往復して渡る。

渡辺消防士は、県大会に2回目の挑戦で初めての上位大会出場権を獲得。「今の調子を維持して、ベストの実力を出したい」と話している。

東北地区の指導会は、14日に仙台市で開かれ、三条消防から「ロープブリッジ救出」に出場する隊員は次の通り。

▲赤塚健太郎士長▲井上稔士長▲丸山隆夫副士長▲原田裕樹消防士