ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


第7回全日本選抜還暦軟式野球大会に燕巨人軍が県代表で出場(2005.10.5)

取材依頼・情報提供はこちら

16日から福岡県久留米市で開かれる60歳以上を対象とした第7回全日本選抜還暦軟式野球大会に県代表として出場する野球チーム「燕巨人軍」(岩方光男会長・32人)は5日、高橋甚一燕市長を表敬訪問した。

前列左から高橋燕市長、燕巨人軍の長谷川外野手、後列左から五十嵐燕市教委社会体育課長、燕巨人軍の小柳内野手、中山監督

前列左から高橋燕市長、燕巨人軍の長谷川外野手、後列左から五十嵐燕市教委社会体育課長、燕巨人軍の小柳内野手、中山監督

燕巨人軍は、昭和22年の創設で、ことしで58年目。メンバー32人のうち還暦の60歳以上が22人で、最高齢は昭和2年生まれの78歳。4年前から全日本還暦軟式野球連盟に登録し、同連盟主催大会にも出場しており、今大会も同連盟などが主催する。

5月に県内13チームが出場して行われたトーナメント戦で、1、2位が全日本還暦軟式野球大会、3、4位が同選抜還暦軟式野球大会の出場権を獲得。燕巨人軍は3位で、選抜大会の出場権を獲得した。

午前9時半に中山至監督(66)=燕市=、顧問の長谷川正和外野手(69)=吉田町=、小柳雅光内野手(63)=同=の3人が市役所を訪れ、高橋市長に大会出場を報告した。

中山監督は、選手もそろっていメンバーに不足はなく、「ムードを盛り上げて、2回戦、3回戦くらいまでいきたい」。高橋市長は、父が同チームの初代会長だったこともあってチームのメンバーと気心も知れており「1回戦くらい勝てね。優勝したら大通りパレードらこて」と激励していた。

同大会にはメンバーのうち17人が出場。15日に新潟空港から出発する。