ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


3日に加茂川で加茂川漁協が恒例の第18回鮭祭り(2005.11.2)

取材依頼・情報提供はこちら

加茂市の加茂川漁業協同組合(相川義弘組合長)は、3日午前10時から加茂川河川敷の加茂川穀町公園で第18回鮭祭りを開き、加茂川で捕ったサケを調理した鮭鍋などを無料でふるまう。

3日に第18回鮭祭りが開かれる加茂川で行われているサケのウライ捕獲

3日に第18回鮭祭りが開かれる加茂川で行われているサケのウライ捕獲

加茂川を上ってきたサケをウライ捕獲。サトイモやダイコンと煮込んで鮭鍋にし、先着で数百人にふるまうほか、加茂川で捕ったアユとヤマメ500匹も炭火で焼いて無料で味わってもらう。なくなったら終わる。また、川の中に石を積んで作ったいけすに、ニジマス、ヤマメ、サケを放し、子どもたちによるつかみ捕りも行う。参加費は無料。

とったサケのイクラを加工

とったサケのイクラを加工

加茂市の市街地を流れる加茂川では、水深も浅く、サケの遡上を間近で見ることができ、下川原橋の上流側に竹製のウライを仕掛けてサケを捕る「ウライ捕獲」とともに加茂市の秋の風物詩となっている。同漁協では、きれいな川と山を取り戻したいという願いと加茂川生まれのサケが帰ってきたことを市民らとともに喜びたいと、毎年、鮭祭りを開いている。

同漁協では加茂川改修に伴って20年以上前からサケのふ化放流事業を始め、近年は毎年、約100万匹のサケの稚魚を放流。最初のサケの遡上は1980年の51匹だったが、年々回帰率が高まり、昨年は10,864匹を捕獲した。

ことしは9月26日から遡上を確認、1日までに約250匹を捕獲している。