ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


[NUM総合講座リポート・10/27]石塚久雄株式会社コロナ 総合企画室部長(2005.11.13)

取材依頼・情報提供はこちら

平成17年10月27日

テーマ:「コロナの経営革新活動」

講師:株式会社コロナ 総合企画室 石塚久雄部長

新潟経営大学 2年 鶴巻 学

新潟経営大学2年鶴巻学さん

新潟経営大学2年鶴巻学さん

今回の総合講座のテーマは、「コロナの経営革新活動」でした。

まずはじめに、なぜコロナは経営を革新しなければならない状態になったのか?と話され、企業は生き物であるから、個性・社風・癖というものが存在する。これらが時代に合わなくなれば企業は生きていけなくなる。コロナが経営革新活動を始めたのは、今までの経営活動では時代に合わず、生きていけないからである。

経営革新活動を始める前、コロナは暖房器具一本で自社を育てあげてきた、しかし時代が進むにすれ、冷暖房エアコンの誕生、暖房器具のニーズの多様化、トータルライフシステムの推進などがあり、暖房器具一本でやっていくには難しい時代が訪れた。コロナはこの時代の変化にいち早く気づき、経営革新を始めた。

経営革新の一つとして、事業展開の多様化があげられる。事業を安定させリスクを減らすには「三本以上足がある」と安定するといわれる。コロナも暖房器具以外の事業展開を始め、ルームエアコンなどの空調家電事業、温水給湯など住宅設備事業など暖房器具での技術力を活かせる事業の開発に乗り出した。

ここで見落とせないのは、1997年以降、『コロナイズム』を確立するために経営計画を立てたことである。コロナイズムの中には経営理念・創業精神・コロナの想い・チャレンジなどの項目があり、これを社員一人一人に理解させることにより、会社の社風の向上などを図っていることから、新しいビジョンをもつことまでが目指されたのである。

石塚(株)コロナ総合企画室部長

石塚(株)コロナ総合企画室部長

そして、ほかの企業と連携を組むことで全く新しい物を生むというアライアンスという形を経営に組み入れ、経営革新を進めた。その例としてコロナとデンソーが協力して開発したエコキュートがある。超大手の自動車エアコンメーカー(株)デンソーと暖房器具メーカーのコロナ、一見全く関係なさそうな会社同士ですが、デンソーのCo2コンプレッサー技術、コロナの給湯技術を組み合わせることにより、今までになかった新製品を作り出すことができました。

わたしはこの講演を聞き、会社を運営、そして継続させていくのは常に時代を見続けること、そして会社は生き物だという理解し少しずつ変化させていくことが大切だということがわかりました。

平成17年度新潟経営大学総合講座日程

日程

講師

所属・役職

レポート
LINK

1

9月15日

西沢 一光

新潟経営大学・教授(オリエンテーション)

2

9月22日

坂田 匠

(株)サカタ製作所・代表取締役社長 

LINK→

3

9月29日

茂野 克司

(有)茂野タンス店・代表取締役社長

LINK→

4

10月6日

大西 勇

日刊工業新聞社新潟支局・支局長

LINK→

5

10月13日

小林 貞夫

小林工業(株)・代表取締役社長

LINK→

6

10月20日

明道 章一

和平フレイズ(株)・元明道株式会社代表取締役社長

LINK→

7

10月27日

石塚 久雄

(株)コロナ・総合企画室部長

LINK→

8

11月10日

玉川 基行

(株)玉川堂・代表取締役7代目

LINK→

9

11月17日

大谷 勝彦

(株)大谷・代表取締役社長

LINK→

10

11月24日

賀井 治久

(株)ツバメックス・代表取締役社長

LINK→

11

12月 1日

桑原 吉男

(株)ヒューマンブレイン・代表取締役社長

LINK→

12

12月 8日

外川 潤一

つばめドットコム・代表

LINK→

13

12月15日

関 浩一

(株)関マーク製作所・代表取締役社長

LINK→

14

12月22日

西沢 一光

新潟経営大学・教授(まとめ講義)

LINK→