ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


少年サッカーのママさんチーム対象に県央初のレディースフットサル大会(2006.2.11)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市サッカースポーツ少年団は11日、三条市厚生福祉会館でサッカー少年の母親のチームが出場する県央地域で初のフットサル大会、第1回三条SSS杯レディースフットサル大会を開いた。

県内からママさんサッカーチーム6チームが出場して開かれた第1回三条SSS杯レディースフットサル大会

県内からママさんサッカーチーム6チームが出場して開かれた第1回三条SSS杯レディースフットサル大会

同少年団の団員や元団員の子どもたち母親が、子どもたちのサポートだけでなく、自分たちもプレーを楽しもうと昨年7月、井上亮監督、坂井靖雄コーチのもと、メンバー7人でフットサルチーム「Cherries(チェリーズ)」を結成した。

毎週土曜の夜に三条市立上林小学校で練習しているが、練習の励みに、ほかのチームとも交流をと今回、初めて大会を開いたもので、「Cherries」と同様、加茂、長岡、新潟、魚沼からサッカースポーツ少年団団員の母親でつくる計6チームが参加した。

三条市サッカースポーツ少年団の「Cherries」のメンバー

三条市サッカースポーツ少年団の「Cherries」のメンバー

正午の0.9度(三条市消防本部観測)がこの日の最低気温で、暖房のない体育館は冷蔵庫のように冷え切っていたが、「楽しもう!」、「笑顔で!」と声を掛けあい、寒さを忘れ、熱中してボールを追いかけていた。

試合は、公式にはプレーヤー5人のところ6人の変則ルールで、8分ハーフの総当たりリーグ戦で競った結果、魚沼市の「FORZA.Florido(フォルツァ.フロリード)」が4勝1分、13得点で優勝した。順位は次の通り。

▲優勝=FORZA.Florido(魚沼)▲2位=与板FC(長岡)▲3位=亀田ママレード(新潟)▲4位=Cherries(三条)▲5位=内野ピグレッツ(新潟)▲6位=加茂FCレディース(加茂)