ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


三条市スポ少第2回春季少年野球大会で北小ビクトリー優勝(2006.5.4)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市スポーツ少年団(青木紀雄本部長)は3、4の2日間、三条市総合運動公園の市民球場と運動広場で第2回春季少年野球大会を開き、同少年団加盟の16チームが出場して競った結果、栄地区の北小ビクトリーが優勝した。

3、4の2日間開かれた三条市スポーツ少年団の第2回春季少年野球大会

3、4の2日間開かれた三条市スポーツ少年団の第2回春季少年野球大会

市内スポーツ少年団の野球チームのレベルアップを図ろうと、毎年、ゴールデンウィークに開いている。一昨年、旧三条市で25回を数えたが、市町村合併に伴って昨年から3市町を統合した新市全エリア対象のスポーツ少年団として開いている。

試合は1時間20分、決勝だけ1時間40分を超えて新しいイニングに入らない時間制限付きの7回戦で、トーナメントで競った。3日は1、2回戦、4日は準決勝、決勝、3位決定戦を行った。

ピーカンの市民球場で応援も汗だく

ピーカンの市民球場で応援も汗だく

2日間とも、青空が広がる絶好の野球日和。応援の保護者らは帽子やタオルをかぶり、メガホンやペットボトルの鳴り物を使って「かっとばせ〜!」、「走れ〜!」と応援していた。

準決勝と決勝の会場の市民球場では、選手名がバックスクリーンの電光掲示板に表示され、ウグイス嬢のアナウンスが付き。選手たちは「プロ野球みたい」と感激し、整備されてたグラウンドでのヘッドスライディングでも「気持ちよかった〜」とご機嫌だった。

大会の決勝は栄地区同士の対戦で、北小ビクトリーが中央ペガサスを9-3で破り、優勝。3位は田島リトルライオンズ。

この上位3チームのうち1チームが5月27日に長岡市で開かれる高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会、2チームが6月24日の中越地区スポーツ少年団軟式野球大会に出場するが、出場チームは学校行事との兼ね合いも考えて決める。準決勝、決勝、3位決定戦の結果は次の通り。

■準決勝

1 2 3 4 5 6
田島リトルライオンズ 2 0 1 0 2 1 6
中央ペガサス 0 0 1 0 0 6x 7
■決勝

1 2 3 4 5 6
中央ペガサス 1 0 0 0 0 2 3
北小ビクトリー 1 0 4 0 4 × 9
■3位決定戦

1 2 3 4

田島リトルライオンズ 3 3 0 3

9
旭スポーツ少年団 1 1 0 0

2