ケンオー・ドットコムのロゴ 6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


合併後初の燕市燕地区の第35回飛燕夏まつり始まり、県央地域の夏まつりが幕開き(2006.7.22)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市燕地区で22、23の2日間の第35回飛燕夏まつりが22日、千数百人が参加しての交通安全音楽パレードで始まった。同市分水地区の第35回分水まつり、三条市栄地区の2006栄ふるさと夏まつりもこの日に始まり、県央地域の夏まつりの幕開きを告げた。

第35回飛燕夏まつりのオープンニングでアルビレックスチアリーダーズのパフォーマンス

第35回飛燕夏まつりのオープンニングでアルビレックスチアリーダーズのパフォーマンス

飛燕夏まつりは、午前9時20分からアルビレックスチアリーダーズ5人のパフォーマンスを行ったあと、小林清燕市長を先頭に新潟ダビッドソンクラブのオープンカーやチビッコ白バイ隊の衣装の子どもを乗せた大型バイクハーレーダビッドソンが目抜き通りを戸隠神社前まで行進。子どもたちが交通安全宣言文を読み上げてパレードをスタートした。

交通安全宣言文を読み上げる子どもたち

交通安全宣言文を読み上げる子どもたち

パレードは、燕市の目抜き通りを穀町から秋葉町まで約1キロ。ハーレーダビッドソンに続いて、新潟レスキューサポートのバイク、カラーガードが先導する県警音楽隊、燕市の交通安全関連団体。さらに、一輪車隊や市内5つの幼稚園、燕地区8つの小学校の鼓笛隊が続いた。

沿道は見物客が二重、三重になり、県警音楽隊やカラフルな衣装で演奏する子どもたちに拍手を送っていた。曇りがちだったが、梅雨明け前で雨は免れ、パレードが始まると日も差すようになり、かき氷を食べる子もいた。

交通安全パレード

交通安全パレード

ことしの飛燕夏まつりは、新燕市として30日に大河津分水で新燕市誕生大花火大会が行われるため、例年の中ノ口川水上花火大会はないものの、ほぼ昨年と同様のプログラム。22日午後から夜にかけては、よさこいソーランや1,000人みこしが繰り出し、23日は午後7時からの燕ばやし大会まで盛りだくさんの行事を行う。

また、分水まつりも同じく22、23の2日間で、花火は新燕市誕生大花火大会に統合。栄ふるさと夏まつりは22日の1日限りで行われている。