ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


八幡宮で小正月の献灯祭、4,500人が参拝してろうそくの火に祈り込める (2007.1.15)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市・八幡宮(藤崎重康宮司)では、14日夜から明け方にかけて小正月の行事「献灯祭」を行い、昨年より500人少ない4,500人(三条署発表)が参拝に訪れ、ろうそくの火に商売繁盛や家内安全を祈った。

一昨年に拝殿などが再建され、新しくなった社殿で2回目の献灯祭。献納された大ろうそくは昨年と同じ30本。まだ、建材のヒノキの香が残る拝殿で午後7時から神事のあと、「三条市長」と書かれたろうそくに国定勇人三条市長が御神火を点火したのを皮切りに、ろうそくの奉納者がそれぞれ奉納したろうそくに次々と点火した。

火打ちをして御神火をともす藤崎宮司

火打ちをして御神火をともす藤崎宮司

献灯祭では雪や荒天はつきものだが、ことしは暖冬でこの日も境内に雪はなく、ぬかるんだ。時々、あられや小雪がぱらついたが、献灯祭らしからぬ様子だった。

しかし、参拝するには幸いで、点火前の早い時間から参拝者が訪れ、午後7時半ころには鳥居の下まで行列が続いた。

皮切りでろうそくに御神火を点火する国定三条市長

皮切りでろうそくに御神火を点火する国定三条市長

最大で重さ8貫目、約30キロのろうそくは炎の大きさも20センチ以上。参拝客は力強い炎を見つめ手を合わせてことし1年の家内安全や商売繁盛を祈っていたた。

参拝者は八幡宮に続いて、その奥でもろうそく78本をともす金山神社を参拝すると、たき上げの火で暖をとり、縁起物のだるまやくま手、ぽっぽ焼きやとうもろこしなどの露店で買って三条の小正月の夜を過ごしていた。