ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


燕庁舎分館のコンクリートのひさしの割れ目に「ど根性マツ」が根を張る (2007.1.17)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市役所の燕庁舎分館脇の通用口のコンクリート製のひさしの上に「ど根性ダイコン」ならぬ「ど根性マツ」の木が育ち、ちょっとした話題になっている。

燕庁舎分館通用口のコンクリートのひさしの上に育つマツ

燕庁舎分館通用口のコンクリートのひさしの上に育つマツ

燕庁舎分館は旧燕市農協を建物をそのまま市が譲り受けたのもで、築40年余り。老朽化もあって、ひさしの先端ぎりぎりのところにできたわずかなコンクリートのひび割れから伸びている。

見た目は弱々しくともしっかり根を張るマツ

見た目は弱々しくともしっかり根を張るマツ

ど根性マツを2階から見下ろす職員

ど根性マツを2階から見下ろす職員

樹高約20センチで、幹は細く、何とも頼りないが、少しでも日差しをたくさん浴びようとするのか、ひさしの下をのぞき込むように幹を斜めに傾けている。

三条市保内公園緑の相談所で写真を見てもらったところ、トリや小動物、あるいは風が近くのマツの種を運んだと思われ、マツの種類はまでは特定できないが、芽が出てから6、7年とのこと。

マツは岸壁にも生え、厳しい環境でも育つが、コンクリートの割れ目で成長するするのは珍しく、同じ年数の木でも環境が良ければ高さ60センチ以上にはなっているという。

この弱々しいマツの姿に「ど根性」の気合いは感じないが、精いっぱい生きているのは間違いない。分館を管理する燕市サービスセンターでは、施設管理の面ではすぐに抜いた方がいいが、マツは旧燕市の市の木。通用口へ入るたびに目に入るマツは市職員にとっては希望の星?で、しばらく成長を見守ることにしている。

  • 燕市(新しいウィンドウで開く)