ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


兵庫県カラオケボック火災を受けて三条市内の3店舗の一斉査察 (2007.1.25)

取材依頼・情報提供はこちら

兵庫県内のカラオケボックスで客8人が死傷した火災を受けて、三条市消防本部と市建築住宅課は25日、三条市内のカラオケ店3店舗の一斉査察を行った。

三条市内のカラオケ店で行われた一斉査察

三条市内のカラオケ店で行われた一斉査察

再発防止のために国の指導で全国的に行われているカラオケボックスの緊急点検の一環。市内では、まねきねこ燕三条店、同本町店、カラオケBanBan三条店の3店舗がカラオケ店として営業しており、消防職員3人と建築住宅課職員1人の4人で3店舗を調査した。

屋内消火栓もチェック

屋内消火栓もチェック

避難経路の確保をはじめ、消防法が定める避難誘導灯や自動火災報知機の設置、さらに建築基準法で義務付けられている排煙設備など施設の確認や避難訓練を年2回以上実施しているかなど防火管理体制などを調査した。

また、兵庫県のカラオケボックスの火災は揚げ物の鍋の発火が原因だったことを店員に説明し、火の使用に注意を求め、初期消火に大きな威力を発揮する消火器の使い方も指導した。

査察の結果、3店とも設備的な違反はなく、指摘事項も少なかったが、引き続き防火意識を高めてていくよう期待していた。