ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


3期目を目指す竹山県議が支持者500人近くを集めて県政報告会 (2007.1.28)

取材依頼・情報提供はこちら

4月の県議会議員選挙の三条市選挙区に出馬する現職の竹山昭二氏=三条市大野畑=は、28日午後3時から三条市・ハミングプラザビップで県政報告会を開き、500人近い支持者らを前に3期目挑戦の決意を示した。

28日開かれた竹山昭二県議の県政報告会

28日開かれた竹山昭二県議の県政報告会

予想を上回る来場があり、会場に用意した400席では足りず、通路にもテーブルを並べた。岡田久徳後援会会長代行の開会あいさつに始まり、来賓あいさつで県知事代理の神保和男出納長、民主党新潟県連会長代行の渡辺秀央参議院議員菊田真紀子衆議院議員大江康弘参議院議員黒岩宇洋参議院議員国定勇人三条市長が竹山氏を激励した。

3期目は“ジャンプ”にと話す竹山県議

3期目は“ジャンプ”にと話す竹山県議

あいさつに立った竹山氏は、7・13水害新潟県中越地震の被災者の復旧復興に全力を尽くし、三条高校の移転改築や三条市でのパスポート発給などの公約実現など、2期、8年間の実績や活動を報告。3期目への挑戦として救命救急体制の整備や福祉の拡充を訴えた。

竹山氏は「三条で生まれ育った人間として、ふるさと三条の発展を願い、皆さんの声をしっかりと受け止めて少しでもいい町をつくって、私どもの後輩に渡していきたい」とし、3期目はホップ、ステップの“ジャンプ”ととらえて、これまで8年間の支援を返したいと述べ、「三条市のために、新潟県のために一生懸命、頑張っていきたい」と決意を述べた。

竹山氏は、昭和18年三条市島田生まれ、昭和37年三条実業高校卒業。昭和62年から旧三条市議会議員を2期務め、平成11年に県議会議員初当選し、15年に2期目の当選を果たした。

三条市選挙区では、定数2に対して、現職の竹山氏と新人4人が立候補を表明している。