ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



弥彦山周辺でギフチョウが舞う (2007.4.7)

取材依頼・情報提供はこちら

サクラが咲き始めていよいよ春本番を迎えるなか、弥彦山周辺では「春の女神」とも呼ばれるギフチョウを見ることができる。

7日、弥彦公園・観月橋付近の石の上で羽を休めるギフチョウ

7日、弥彦公園・観月橋付近の石の上で羽を休めるギフチョウ

羽は黄色と黒のしま模様。アゲハチョウ科なので平場でも見られるふつうのアゲハチョウのようにも見えるが、それより明らかに小さい。

弥彦公園の観月橋付近で群生するカタクリ

観月橋付近で群生するカタクリ

青空が広がって暖かい陽気となった7日、弥彦公園の観月橋付近で飛ぶギフチョウを見ることができた。辺りにはギフチョウが好んでみつを吸うカタクリの群生が花盛りだ。

ギフチョウは自然保護キャンペーンのシンボル的存在ともなっている。本州の里山に広く分布する半面、絶滅した地域もあるが、弥彦山周辺で今もふつうにギフチョウを見ることができ、いたる所で春の花を開く山野草とともに弥彦の春を告げている。