ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市内7カ所の避難所に16日午後10時で65人が避難 (2007.7.17)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市は中越沖地震とそれに続く余震に伴って16日午後4時半ころ、市内7カ所に避難所を開設。午後10時現在で65人が避難した。

 16日午後7時ころに20人余りが避難した吉田産業会館

16日午後7時ころに20人余りが避難した吉田産業会館

避難所は、燕地区の市民体育館、吉田地区の老人センター、産業会館、粟生津体育文化センター、北体育文化センター、分水地区の福祉会館、保健福祉センターの計7カ所に開設。食料は持参してもらうことにし、市では毛布とビスケットを用意した。

吉田地区の産業会館には、午後7時ころには子どもや女性など20人余りが避難した。持参した夕食を食べながら、地震関連のニュースが流れるテレビに見入っていた。

燕市では午後6時に災害対策本部を縮小し、庁舎には行政課職員や防災担当職員を残して自宅待機としたが、避難所は担当職員が交代で詰め、翌朝まで開設することを決めている。その後の開設状況は様子をみて検討する。

市内では、分水地区を中心に家屋被害をはじめ、全域で塀や街路灯の倒壊などの被害があった。この日、分水地区の「てまりの湯」は営業を中止し、燕地区の燕市産業史料館では、工芸館の土台がずれたり、煙管館の外壁にひびが入るなどの被害があったため、臨時休館した。