ケンオー・ドットコムのロゴ 燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市交通安全母の会が平成19年度交通安全ポスターコンクール審査会 (2007.9.28)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市交通安全母の会(南波美知子会長)は、27日午前10時半から燕市体育センターで平成19年度交通安全ポスターコンクール審査会を開き、応募のあった小学校の部と中学校の部の計206点を審査し、特別六賞と優秀賞を決めた。

27日行われた燕市交通安全母の会の平成19年度交通安全ポスターコンクール審査会

27日行われた燕市交通安全母の会の平成19年度交通安全ポスターコンクール審査会

交通安全の意識高揚を図ろうと毎年、夏休み前に市内の小中学校を通じて作品を募集している。昨年までは燕地区と分水地区の交通安全母の会がそれぞれ別に開いたが、今年度からは交通安全母の会が一本化されたのに伴って全市的なコンクールとし、市内全小中学生を対象に作品を募集した。

今年度は小学校の部164、中学校の部42の計206の応募があり、燕市美術協会会員をはじめ、特別六賞に関係する機関や団体の役員など7人による審査で、特別賞各賞に小、中学校から1点ずつの12点、それに次ぐ優秀賞に小学校の部13点、中学校の部7点の計20点を決めた。

今年度の作品は、飲酒運転防止が目立ったほか、シートベルト着用、飛び出しなど禁止など事故防止を呼びかける力作が並んだ。昨年度、多かった運転中の携帯電話の使用禁止が激減、代わりに飲酒運転禁止の呼びかけが多く、「子どもたちもニュースなどをよく見ているんだね」と話す審査員もいた。

受賞者は10月10日に総合文化センターで表彰し、あわせてこの日から16日まで入賞作品を同センターに展示。続いて10月18日から24日まで吉田公民館、11月5日から12日まで分水公民館に巡回、展示する。特別六賞の受賞者は次の通り。敬称略。

【燕市長賞】▲川村ひかり(小中川小5年)▲小田夏希(燕北中1年)

【燕警察署長賞】▲本井千裕(粟生津小6年)▲岩方理恵(燕中1年)

【燕市交通安全協会長賞】▲渡辺香(燕西小6年)▲長井朱里(燕中1年)

【燕市教育委員会教育長賞】▲森田浩唯(小池小5年)▲長谷川友香(燕中3年)

【燕市交通安全母の会長賞】▲佐藤泰大(吉田小6年)▲今井佑香(小池中1年)

【燕市交通安全トキちゃんクラブ連合会長賞】▲百瀬茉凛(燕西小6年)▲武田みちる(小池中2年)