ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



コロナと出光興産、世界初の複数の燃料種から燃料電池用の水素を取り出すマルチ燃料型改質器を開発 (2008.2.25)

取材依頼・情報提供はこちら

(株)コロナ=内田力社長・本社三条市=は25日、出光興産(株)=天坊昭彦社長・本社東京都千代田区=と共同で世界初、複数の燃料種に対応できる家庭用燃料電池向けの改質器「マルチ燃料型改質器」を開発したと発表した。

25日行われたコロナと出光興産で共同開発したマルチ燃料型改質器の発表会見

25日行われたコロナと出光興産で共同開発したマルチ燃料型改質器の発表会見

午後2時からコロナ本社でコロナ技術本部研究開発センターの阿部芳和部長と時田義司課長、高橋邦雄広報室副部長、出光興産中央研究所の佐藤光一燃料電池グループチームリーダーの4人が会見した。

燃料電池は、燃料の水素と酸素を化学反応させて電気と熱を作り出す。燃料電池が排出する物質はほとんどが水。クリーンで効率的な新エネルギーとして注目を集めている。

コロナと出光興産が共同開発したマルチ燃料型改質器

コロナと出光興産が共同開発したマルチ燃料型改質器

両社は2004年4月から灯油型の家庭用燃料電池システムの共同開発に取り組むなかで、商品化に向けた改質器を開発した。

改質器は都市ガスやLPガス、灯油などから燃料電池に必要な水素を取り出す装置。これまでは都市ガスやLPガスなどの気体燃料、それに対して灯油などの液体燃料と、違った種類の燃料から同じ改質器で水素を取り出すのは技術的に困難だった。

この技術的な課題を、出光の水素製造技術、コロナの気体と液体燃料を同一の燃焼器で燃焼させることが可能な技術の融合で解決。都市ガス、LPガス、灯油から安定して水素を製造する「マルチ燃料型改質器」の開発に成功した。

「マルチ燃料型改質器」は、汎用性に優れ、エネルギー消費量が少ないなどの性能特徴に加え、3種の燃料種の改質器を共通化することで量産効果によるコストダウンが可能になる。

現在の燃料電池システムは350万円くらいからで、搭載されている改質器は、都市ガス専用、LPガス専用、ガス体両用、灯油専用など、各メーカーがそれぞれで製作しているのが現状。出光とコロナでは「マルチ燃料型改質器」の2010年度の商業化を目指して同改質器を各システムメーカーと共有化する取り組みを進め、燃料電池システムの普及に向けたいっそうのコストダウンにつなげていきたいとしている。

また、コロナの「世界初」は、2001年の自然冷媒CO2ヒートポンプ式給湯機「エコキュート」の世界初発売に続いて2件目。