ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市自治会連合会会長だった故酒井宇一郎さんの遺族が燕市の社会福祉のために100万円寄付 (2008.2.29)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市自治会連合会会長など燕市のまちづくりに尽力し、ことし1月17日、病気療養中に83歳で亡くなった故酒井宇一郎さん=燕市杉柳=の遺族が29日、香典返しとして社会福祉に役立ててほしいと燕市に100万円を寄付した。

左から酒井さんの次男の実さん、弟の昭二郎さん、そして善意を受け取る小林燕市長

左から酒井さんの次男の実さん、弟の昭二郎さん、そして善意を受け取る小林燕市長

午前9時に故人の次男の稔さん、弟の昭二郎さんの2人が市役所吉田庁舎を訪れ、小林市長に現金100万円を包んだのし袋を手渡した。

酒井宇一郎さんは、昭和49年6月の旧燕市議補欠選挙に立候補して初当選、昭和50年4月の一般選挙で当選し、通算4年11カ月市議を務めた。

昭和45年4月に杉柳の区長に就き、その後は自治会長となって37年近く、亡くなるまで現役を務めた。その間、平成14年区長連盟会長に就任、平成18年3月の合併に伴い燕地区自治会連絡協議会会長、さらに、燕、吉田、分水地区すべてで組織する燕市自治会連合会会長も務めた。

旧燕市が平成14年4月から三条市などとの合併を協議した「県央東部合併研究会」の住民代表委員となり、燕市が離脱する平成15年6月まで委員に就き、平成16年3月に発足した「燕・吉田・分水合併推進協議会」、「燕・吉田・分水合併協議会」の住民代表委員を務めた。

2007年11月19日、燕市の地域審議会が燕市総合計画案を燕市長に答申したときの写真、いちばん左が故酒井宇一郎さん

2007年11月19日、燕市の地域審議会が燕市総合計画案を燕市長に答申したときの写真、いちばん左が故酒井宇一郎さん

合併後は「まちづくりビジョン住民会議」、「燕第1地区まちづくり協議会」、「燕地区地域審議会」、「燕市新庁舎建設市民権等委員会」の会長など、多数の燕市のまちづくりのための委員や役職に就いた。

昨年春の検査入院で病気が見つかったようだが、会議や役職を務め続けた。11月には体調が悪化していたが自治会長連合会の視察で埼玉に行き、会議などには「休むわけにはいかない。行かんばならね」と責任を果たしたが、12月中旬に燕労災病院に入院した。

酒井さんは生前、合併したばかりの新市の自治会をひとつにまとめなければならないと話していたという。また、家族には長年にわたって自治会長をやっていて、多くの人に福祉、福祉とお願いばかりしてきたので、自身が死んだら必ず市に寄付してくれと常々、話していたと言う。

小林市長は、合併前、合併後と自治会の在り方などで酒井さんは果敢にリーダー役を果たし、合併と同時に自治会連合会の一本化の方向付けできたのは酒井さんのおかげと功績をたたえ、惜しんでいた。