ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



三条・NPO全国法人ごはん科学研究所が「水田機能による温暖化対策とコメの品質向上」の研究に取り組む (2008.4.3)

取材依頼・情報提供はこちら

NPO全国法人ごはん科学研究所(高野雅志理事長・三条市吉田)は2日、温暖化や温室効果ガスの対策が水田に高い期待があるとの推測を得たことから「水田機能による温暖化対策とコメの品質向上」をテーマにした研究に本格的に取り組むことを発表。あわせて、住民参加型の環境研究としてボランティアの参加も呼びかけている。

水田機能による温暖化対策とコメの品質向上」の研究を説明するNPO全国法人ごはん科学研究所・高野雅志理事長

水田機能による温暖化対策とコメの品質向上」の研究を説明するNPO全国法人ごはん科学研究所・高野雅志理事長

NPO全国法人ごはん科学研究所は、平成18年12月に内閣府国民生活局から認証を受けて設立したコメの栽培や品質管理、販売までを専門に研究するNPO全国法人。同法人の理事長は民間検査・研究機関の(社)県央研究所の高野理事長で、理事は水田農家が中心。午後1時半に同研究所で報道関係者を対象にした説明会を開き、高野理事長らが研究概要を説明した。

研究では、田んぼと市街地、減反・転作、水管理の違い、品質の違いなどによる温暖化の影響の研究に取り組み、水田の温室効果ガス抑制効果やコメの品質向上への直接影響、街づくりや経済産業の評価指針、減反・転作・休耕の功罪、主食・食べ物の在り方、水田の有する癒し効果など、さまざまなことを探っていく。

高野理事長

高野理事長

温暖化などの対策と水田機能の関係を推測したきっかけについて、高野理事長は、子どものころに水を張った田んぼの脇を自転車で通るときに涼しさを感じて水田の冷却効果を体感したことをはじめ、県央研究所での長年のコメのうまみに関する研究ではイネの微細構造の変化が起きており、とくに近年の変化が顕著なことを確認したことや、コメの品質の依頼研究の結果、気象データなどがあるという。

とりわけ温室効果ガスの発生原因は、自然を基盤に営まれる農業社会と経済最優先の工業化社会とのアンバランスが生んだ副産物との持論を示し、水田ではコメと一緒にさまざまな生き物を育て、季節感や美しい風景を育てているなど「コメ作り」から「イネ作り」への発想の転換、農業生産活動の場から多面的機能の場と考える思考が大切ではと警鐘を鳴らした。

また、温暖化の原因はわたしたち一人ひとりの生活から発生しているものなら、この対策は一人ひとりが本気で汗を流すこと。次代を担う子どもたちのために、責任世代として解決しなくてはいけないこと。一部の専門家にゆだねるのでなく、ここに住むわれわれが手を上げて汗を流そうと話し、子どもからおとなまで多くの人に研究を理解してもらい、ボランティアでの参加協力をしてほしいと呼びかけた。

研究への参加内容については、田植えの手伝い、研究発表会への参加、身近な田んぼでの水温や気温の定点観測、場所の提供など、さまざまなことが考えられるが、具体的な内容については、参加者のできる範囲で相談していくことにしている。ボランティア参加の問い合わせは、県央研究所(電話:0256-34-7072)内・NPO全国法人ごはん科学研究所へ。

同研究で使用する同研究所近くの水田が、農水省北陸農政局から全国でも珍しい試験研究用圃場地の認可を受けたことを報告。民間で行う温暖化対策の研究のための認可は全国初ではないかと言い、寄せられる期待の大きさも話した。