ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市夏まつりの花火大会は今後も大河津分水で打ち上げ (2008.4.10)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市夏まつり連絡協議会(会長・小林清燕市長)は、9日午前10時半から燕市吉田産業会館で第2回会議を開き、統一事業の花火大会は7月27日にことしも大河津分水河川敷を打ち上げ会場とすることを決めた。さらに、来年以降も同所を打ち上げ会場とすることを確認した。

9日開かれた燕市夏まつり連絡協議会の第2回会議

9日開かれた燕市夏まつり連絡協議会の第2回会議

同会のメンバーは、小林市長と副市長、飛燕夏まつり協賛会、吉田夏まつり協賛会、分水夏まつり協賛会の3地区の協賛会会長とそれぞれが指名した会員3人ずつの計14人。会議では役員の選出、各地区夏まつり事業計画と予算、統一事業と予算、花火大会の打ち上げ会場、趣意書、夏まつりポスター選定について協議した。

花火大会の打ち上げ会場については、一昨年、昨年と大河津分水にしたが、第1回会議で会場をどうするか各地区の協賛会に持ち帰って協議してもらうことにした。

その協議内容を報告し、吉田地区は一部に旧吉田町と同様に吉田地区も会場にとの意見があったが、合併したことや、花火大会の前に行うよさこいソーラン、駐車場などを考え合わせると大河津分水が望ましいとなったと説明した。

分水地区は、吉田、燕地区の花火大会でも手伝うと話していたが、燕地区からも大河津分水でとしており、3地区で確認し大河津分水に決めた。

また、市内では大河津分水が花火の打ち上げ会場に最も適しているとして、特別なことがなければ来年度以降は打ち上げ会場については議題に上げないでほしいとの提案があり、全員で確認した。

ほかに、各地区夏まつりの事業計画(案)はそれぞれほぼ昨年並みと説明したが、3地区の収入に繰り入れられる「燕市連絡協議会からの繰入金」が、飛燕夏まつり(14,500,000円)、吉田まつり(7,314,783円)、分水まつり(4,279,000円)で金額に大きな差があることについて、分水地区の会員から金額の根拠を教えてほしいと事務局に対して質問があった。

事務局は、それぞれの協賛会からの要望を精査し、適切であると判断してそのまま計上したと答えた。質問した会員は、4月の人事異動で市の担当部課長らも変わったこともあり、「これ以上、追求しないが分水があまりにも少ないことを頭の片隅においていただきたい」と述べる場面もあった。

ポスター選定については、市内の15社に案内をして、うち4社から5点の応募があり、この日、会員14人が投票。結果、9票を獲得したデザインを今夏の燕市の夏まつりポスターのデザイン案に決めた。ポスターは5月中旬ころに完成の予定。