ケンオー・ドットコムのロゴ #三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



磨き屋シンジケートのチェアマン、古関鐵男さんにかわって平浩昭さん就任 (2008.6.2)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市内の研磨業者を中心とした共同受注グループ、磨き屋シンジケートは5月31日、平成20年度(第5回)定時総会を開き、組織の長のチェアマンの改選、選任では、発会当初から5年間チェアマンを務めた古関鐵男さん(67)に代えて平浩昭さん(47)=燕市桜町・(有)平特特殊研磨工業専務取締役=を新チェアマンに決めた。

磨き屋シンジケート平成20年度(第5回)定時総会

磨き屋シンジケート平成20年度(第5回)定時総会

古関さんは、2003年1月の発会から磨き屋シンジケートの代表として尽力したが、2007年4月に開設された金属研磨業の人材育成施設「磨き屋一番館」の指導者に就いたこともあり、ことし3月31日で廃業。それに伴って磨き屋シンジケートの退会を申し出たため、チェアマンの改選となった。

 5年間、チェアマンを務めた古関鐵男チェアマン

5年間、チェアマンを務めた古関鐵男チェアマン

新チェアマンに決まった平浩昭さん

新チェアマンに決まった平浩昭さん

古関さんはあいさつで、磨き屋シンジケートの立ち上げから運営に多大な力を貸してくれた大山治郎参与などに感謝するとともに、「シンジケートはこれから大事な時期。燕は本当に冷え切っているが、そんななかでこつこつとブランドを作り、なにくそという気持で、これからも頑張っていってもらいたい」とエールを送った。

総会では、ほかに、平成19年度事業報告と同収支決算(収入15,896,144円・支出14,804,429円・次期繰り越し1,091,715円)を承認、平成20年度事業計画と同収支予算(収支とも17,693,715円)を原案通り決めた。

決算の収入の部では、オリジナルブランド商品のビアマグカップやダブルネームの靴べらなどの販売事業収益は12,865,823円になったことを報告。今年度はビアマグの生産効率を上げるなどして14,500,000円の収益を見込んでいる。