ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



三条商議所、平成19年度の事業報告書の冒頭で職員による横領事件にふれて謝る (2008.6.17)

取材依頼・情報提供はこちら

三条商工会議所(渡辺勝利会頭)は16日、三条市・ハミングプラザビップで通常議員総会を開き、平成19年度事業報告や収支決算を承認した。

16日開かれた三条商工会議所の通常議委員総会

16日開かれた三条商工会議所の通常議委員総会

役員、議員、相談役、顧問、参与など88人が出席。平成19年度事業報告と同収支決算(収入332,515,000円・支出302,511,000円・次期繰越金30,004,000円)を報告通り承認、第26期常議員の退任と補欠選任を原案通り決めた。

事業報告では、事業報告書の冒頭「総括的概要」のなかで、年度末に同会議所職員による業務上横領が発覚し、逮捕された事件にふれて会員に謝り、「今後このようなことが二度と起こらないよう、再発防止に向けた内部管理体制の徹底と信頼の回復に努めて参ります。」と記載した。

いずれの議案も質疑はなかったが、渡辺会頭は「不祥事については結論が出ていないので、あらためて提案する」と話した。