ケンオー・ドットコムのロゴ 6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



2日夕方、生徒を乗せた新潟県央工高の応援バス11台が出発 (2008.8.3)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県央高校では野球部の阪神甲子園球場での初戦前日の2日夕方、生徒と教諭合わせて400人余りの生徒応援団はバス11台に分乗して甲子園に向けて出発した。

新潟県央工高初戦前日、同校から生徒応援団のバスが出発

新潟県央工高初戦前日、同校から生徒応援団のバスが出発

同校玄関前にずらりと並んだ県内3社のバスのフロントガラスには、それぞれ「必勝新潟県央工業高校」の文字。生徒たちは、そろいの応援のTシャツなどを詰めたバッグを手に、すでに応援が始まっているかのように整然とバスに乗り込んだ。

応援バスを見送る坂井校長ら

応援バスを見送る坂井校長ら

あわせて1台ごとに三条市が寄付したミネラルウオーター「千年悠水」やメガホンなどの応援グッズも段ボール箱に入れて積み込み、午後6時10分ころ、坂井章校長や安達弘哉教頭、保護者らに見送られて出発した。

応援バスは北陸自動車から球場へ向かい、3日早朝に入浴施設もある箕面スパガーデンで朝食、休憩。2日午後8時に出発の保護者のバスと、3日明け方に三条を出発の坂井章校長や同窓会のメンバーを乗せたバスが合流。午後1時40分ころに甲子園駐車場に入る。

甲子園出場資金募金についてのお願い

甲子園出場資金募金についてのお願い