ケンオー・ドットコムのロゴ お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



燕市初、県内では7人目の新型インフル感染者を確認、患者はハワイ帰りの50歳代女性 (2009.7.8)

取材依頼・情報提供はこちら

燕市は7日夜、市内で初めてとなる県内7人目の新型インフルエンザ(A/H1N1)の患者が確認されたと発表した。

患者は、6月28日から7月3日までハワイに滞在した自営業の50歳代女性。

発表では、女性は3日に成田空港から公共交通機関を利用して帰宅した。4日、5日と症状がなく、ほとんどは自宅で過ごした。

6日にせきが少し、けん怠感とのどに痛みがあり、午後になって燕市のコールセンターに電話相談したあと、三条市内の外来協力医療機関(三条総合病院)を受診。簡易検査でインフルエンザA型陽性となり、タミフルの処方を受けた。

その後、県保険環境科学研究所でリアルタイムPCR法による検査を実施し、午後5時に新型インフルエンザと確認された。

女性は7日午後3時現在、自宅で療養している。体温は38.8度、せき、のどの痛み、筋肉痛、けん怠感の症状があるという。患者は、夫とその母、子ども2人の5人家族で、そのほかの濃厚接触者はない。

また、市はホームページの「市からのお知らせ」の「新型インフルエンザの発生と市の対応について」のページに8日付けで「新型インフルエンザ患者の発生について」を追記、更新している。