ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ



グアム旅行の三条市の20歳代女性とフィリピン旅行の燕市の40歳代男性が新型インフルエンザに感染 (2009.7.17)

取材依頼・情報提供はこちら

16日夜、三条市と燕市で新たな新型インフルエンザの患者が1人ずつ確認された。これで県内の患者は27人、三条市で8人、燕市で2人となった。

県新型インフルエンザ対策本部の発表では、三条市の患者は20歳代の介護職の女性。7月11日から13日にグアム旅行に行き、14日に成田着。公共交通機関を利用して帰宅。熱やせき、のどの痛みがあり、三条市の新型インフルエンザコールセンターに電話相談し、保健所が経過観察してる。

15日夜に37.9度の発熱とせきの症状があり、翌16日午前、三条市内の外来協力医療機関を受診して簡易検査でインフルエンザA陽性となり、タミフルの処方を受けた。保健環境科学研究所の検査で午後7時に新型インフルエンザと確認された。濃厚接触者はグアム旅行同行者2人。

一方、燕市の患者は、40歳代の男性会社員。7月10日から13日までフィリピン旅行をし、13日成田着で、公共交通機関を利用して帰宅した。14日は症状はなく、午前中に人間ドックを受診、午後は実家で過ごした。15日は出勤し、実家へ帰宅後してから37.8度の発熱、せき、頭痛、鼻水の症状が出た。

16日朝、燕市のコールセンターに電話相談してから三条市内の外来協力医療機関で簡易検査し、インフルエンザA陽性とわかり、タミフルの処方を受けた。この日、保健環境科学研究所の検査で午後7時に新型インフルエンザと確認された。濃厚接触者は実家の両親で、そのほかは調査している。

三条市、燕市とも、今の時点では学校や福祉施設などの休業措置やイベントの自粛については考えていないとしてういる。今後、感染の拡大の状況をみて必要場合にはあらためて対応するとしており、市民には「今までどおりの冷静な行動を」と求めている。